スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画を見る 映画を見る 視聴出来ない方はこちらから











[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

わが家の歴史

開局50周年記念ドラマのトリを飾る作品として放送。

昭和2年から昭和39年までの激動の時代を明るく生き抜いた、八女(やめ)家の人々の物語を描いた三谷幸喜脚本によるホームドラマ。大筋となる部分はフィクションだが当時の風俗や出来事、実在の人物等が八女家とそれを取り巻く人々の視点を通して多数登場する。

八女家の人々
八女政子(長女) - 柴咲コウ
鬼塚大造(政子の夫):佐藤浩市
八女実(政子と大造の息子) - 加藤憲史郎〔1〜2歳〕、加藤清史郎〔6〜10歳〕
八女義男(長男) - 松本潤(嵐)
八女宗男(次男) - 佐藤隆太
八女波子(次女) - 堀北真希
八女房子(三女) - 榮倉奈々
一之瀬ゆかり(義男の恋人) - 長澤まさみ
つるちゃん(本名:津留つるたろう(漢字表記は不明)・一家の幼馴染) - 大泉洋
大浦竜伍(政子の元許婚者) - 玉山鉄二
阿野三成(波子の恋人・小説家) - 山本耕史
マリア(宗男の妻) - 鈴木砂羽
古賀巳代治(時次郎の戦友) - 高田純次
鬼塚千晶(大造の本妻) - 天海祐希
八女マキ(母) - 富司純子
八女時次郎(父) - 西田敏行
時代の人々
美空ひばり - 相武紗季、さくらまや〔10歳〕
高倉健〔学生時代〕 - 小栗旬
笠置シヅ子 - 戸田恵子
榎本健一 - 木梨憲武(とんねるず)
手塚治虫 - 藤原竜也
力道山 - 山口智充
村田英雄 - 中尾明慶
長谷川町子 - 和久井映見
吉田茂 - 角野卓造
糸川英夫 - 高嶋政伸
白井義男 - 武田真治
黒澤明 - 宇梶剛士
仲代達矢 - 山田孝之
古川ロッパ - 伊東四朗
遠藤周作 - 八嶋智人
丸山明宏 - ウエンツ瑛士
升田幸三 - 内野聖陽
山下清 - 塚地武雅(ドランクドラゴン)[1]
永井荷風 - 石坂浩二
岸信介 - 小日向文世
池田勇人 - 宮川大助(宮川大助・花子)
畑正憲 - 今井悠貴
宮崎正志【架空の人物】[2] - 岡田将生
柊修二(ジョニー)【架空の人物】[3] - 寺島進
獅子丸寿一【架空の人物】 - 中井貴一
その他の人々
クラブの支配人・柳隆五郎 - 阿南健治
クラブの客 - 有薗芳記、伊藤正之、野添義弘
神主 - 温水洋一
臼井(劇団ピカロ) - 坂本真
柊修二(ジョニー)の恋人 - 池谷のぶえ
一之瀬(ゆかりの父) - 榎木孝明
一之瀬夫人(ゆかりの母) - 平淑恵
曙出版編集長(波子の上司) - 羽場裕一
手塚治虫担当編集者 - 浅野和之
警察予備隊の隊長 - 山西惇
獅子丸の秘書 - 四方堂亘
黒澤監督の助手 - 野間口徹
学生演劇の演出家、学生運動のリーダー - 吉村崇(平成ノブシコブシ)
医者(鬼塚の担当医) - 入江雅人
TVプロデューサー - 近藤芳正
TV番組のAD - 濱田岳
岩井工場長 - 田山涼成
大浦竜伍の元上官・漆原 - 飯田基祐
軍服の男(漆原の上役) - 梅野泰靖
幼稚園の先生 - キムラ緑子
ホステス(ゆかりの同僚) - 洞口依子
刑事 - 佐藤誓
火葬場の男 - 島津健太郎
手塚担当の編集者- 猪野学
眞島秀和
山崎裕太
細山田隆人
小橋建太
高瀬媛子
桜井千寿
平松ケイ
藤岡太郎(第一夜に登場)
ほか
スポンサーサイト

動画を見る 映画を見る 視聴出来ない方はこちらから











[ 2010/04/13 13:44 ] スペシャル | TB(0) | CM(0)

チーム・バチスタの栄光 SPECIAL

チーム・バチスタの栄光 SPECIAL
『密室医療殺人に浮上した新疑惑』
『チーム・バチスタの栄光 SPECIAL』は、2009年9月15日にフジテレビ系列で放送されたスペシャルドラマ。2008年、大きな話題を呼んだ連続ドラマ『チーム・バチスタの栄光』の特別編。世間を震撼させた医療スキャンダル“バチスタ事件”から3カ月が経ったある日、事件の真相究明に関わった心療内科医の田口公平(伊藤淳史)は、厚生労働省から突然の呼び出しを受ける。要請を受け、事件のあらましを語る田口。だがその裏には、田口とともに事件を調査した厚労省の官僚・白鳥圭輔(仲村トオル)を失脚させようとする省内の不穏な動きがあった…!

動画を見る 映画を見る 視聴出来ない方はこちらから











[ 2010/04/06 11:00 ] スペシャル | TB(0) | CM(0)

松本清張ドラマSP『書道教授』

松本清張ドラマSP『書道教授』は、2010年3月23日に日本テレビ系列で松本清張生誕100年記念スペシャルドラマとして放送されたサスペンス。松本清張の名作を、ジェームス三木の脚本でドラマ化。広壮な屋敷に住むあでやかな書道教授(杉本彩)の秘密と、弟子入りした銀行員(船越英一郎)が“アリ地獄”でもがく姿を絡めて描く。果たして、書道教室に隠された謎とは?さらに発生する殺人の真犯人とは?全くタイプの違う女性達との関係の中で、破滅への道へ進んでしまう哀れな主人公。火遊びが過ぎた一人の中年男に降りかかった悲劇を描いた作品。

【出演】船越英一郎、杉本彩、荻野目慶子、春やすこ、クワバタオハラ(くわばたりえ、小原正子)、岡本麗、大場久美子、手塚理美、的場浩司、賀来千香子、ほか
【原作】松本清張(『書道教授』)
【脚本】ジェームス三木


動画を見る 映画を見る 視聴出来ない方はこちらから











[ 2010/03/24 09:44 ] スペシャル | TB(0) | CM(0)

科捜研の女 ドラマスペシャル

3月18日(木)放送「科捜研の女スペシャル」.
京都市内のオフィス街で、ビルから出てきた男が何者かに狙撃され死亡する。殺されたのは文具メーカーの社員・前田勉(辻村綾二)で、現場に急行した京都府警捜査一課の土門刑事(内藤剛志)や科捜研の榊マリコ(沢口靖子)によって洛北医大に運ばれ、解剖医の風丘早月(若村麻由美)の手で検視が行われた。その結果、前田は遠距離用ライフル銃で狙撃されたことが判明した。

 やがて、近くの雑居ビルの屋上で指紋の付着した薬莢が発見され、被害者を狙撃した弾と合致したことから、マリコは土門とともにその雑居ビルに向かう。

 二人が現場を調べているとき、見知らぬ男が顔を出す。マリコとともに捜査に加わっていた乾研究員(泉政行)によると、男は東京で研修中の日野研究員(斉藤暁)の代わりを務めることになった文書鑑定士の相原辰巳(西村雅彦)だという。相原は、現場に予想が書き込まれた競馬新聞が落ちていたことを知り、その筆跡を調べたいと申し出る。

 その日、市内のマンションの一室で市川治(鎌森良平)という男の死体が発見される。市川は、ライフルを抱えて銃口を咥え足の指を引き金にかけた姿で絶命していた。

 鑑識の調べで、市川の指紋と雑居ビルの屋上に落ちていた薬莢に付着した指紋とが一致、前田を狙撃した銃も市川が抱えていたライフルだと判明する。さらに、相原の鑑定で競馬新聞に書かれた文字は市川の筆跡と見てほぼ間違いないとわかった。市川は、前田をライフルで射殺したあと、その銃で自殺したのか?

 科捜研に戻ったマリコは、射殺現場付近に設置されていた防犯ビデオの解析を始める。ビデオには、ビルから出てきた直後に側頭部を撃たれて倒れる前田の姿が映し出されていた。犯人はなぜ、こんなきわどいタイミングで狙撃を行ったのか? 疑問を抱いたマリコは、前田のすぐ後ろに写っている女性に注目する。その女性は、首に下げていたIDカードから大手銀行の行員・橘沙希江(清水美沙)と判明、マリコは、狙撃犯の本当の狙いは彼女だったのではないかと推察する。

 沙希江は土門の事情聴取に、命を狙われるような覚えはまったくないと言い切る。だが、その直後、沙希江は再び狙撃され、危うく難は逃れたものの、警察の保護を拒否して姿を消してしまう。

出演:沢口靖子、内藤剛志、加藤貴子、小野武彦、田中健、西村雅彦、清水美沙、金子賢



動画を見る 映画を見る 視聴出来ない方はこちらから











[ 2010/03/20 09:11 ] スペシャル | TB(0) | CM(0)

霧の旗 松本清張スペシャル

生誕100年2週連続松本清張スペシャル「霧の旗」
あらすじ
冤罪を二度も暴いたことで人気のエリート弁護士・大塚欽也(市川海老蔵)は、予約もなしで現れた柳田桐子(相武紗季)という若い女に、兄・正夫(カンニング竹山)の弁護をして欲しいと頼まれた。わざわざ福岡から上京して来た桐子は、正夫が強盗殺人の犯人にされ、死刑になる可能性もあるという。だが、時間的な余裕がない欽也は、同郷を理由に懇願する桐子の依頼を冷たく断わる。翌年、欽也は、桐子からの葉書で、無期懲役の判決を受けて控訴審中の正夫が獄死したと知った。
 後味の悪さを感じた欽也は、正夫の公判記録などを取り寄せ、事件を分析してみた。この事件の被害者は、正夫も借金があった消費者金融の女社長。警察は、傷口の形状から、犯人が左利きだと推理。凶器から検出された指紋、衣服に付着していた血痕から、左利きの正夫が逮捕された。警察の追及で犯行を自供した正夫は、公判で無実を訴えたものの、一審では有罪。両親の死後、正夫と二人きりで生きてきた桐子は、もちろん兄の無実を確信していたのだ。
 欽也の事務所で桐子とのやりとりを目撃していたフリーライターの阿部啓一(東貴博)は、1年後、桐子が銀座のクラブ『四季』でホステスをしていると知り、ア然となった。この店は、ママの乃里子(青田典子)が小倉出身とあって、関係者はほとんど九州出身。桐子は、店に呼んでくれた同僚の池上信子(柳原可奈子)のマンションに転がり込んでいたのだ。
 一方、妻・芳子(中澤裕子)と家庭内別居状態になっていた欽也は、仕事で知り合ったレストラン『みなせ』のオーナー・河野径子(戸田菜穂)と密会を重ねていた。芳子への思いが消えた欽也にとって、径子の愛は、かけがえのないもの。だが、二人の関係に気づいた『みなせ』のフロアマネージャー・杉浦健次(井坂俊哉)は、かつて径子と関係があったこともあり、嫉妬と敗北感で苛立ちを募らせていた。
 この杉浦が乃里子の弟だったことから、桐子は、憎い欽也の情報を入手することになった。杉浦は、正夫が高校時代に所属していた野球部の1年先輩。杉浦の同期の野球部員・山上(山西惇)も店に来ていた。桐子は、杉浦や、杉浦に心を寄せる信子の話を聞くうち、欽也が径子と愛人関係にあると知ったのだった――。

キャスト
大塚 欽也  …  市川海老蔵
柳田 桐子  …  相武 紗季
阿部 啓一  …  東  貴博
大塚 芳子  …  中澤 裕子
柳田 正夫  …  カンニング竹山
杉浦 健次  …  井坂 俊哉
池上 信子  …  柳原可奈子
山上 武雄  …  山西  惇
益田乃里子  …  青田 典子
添  田   …  山下 真司
西  本   …  本田博太郎
鳴海 刑事  …  六平 直政
国選弁護人  …  温水 洋一
河野 径子  …  戸田 菜穂
沢木 検事  …  中井 貴一(特別出演)
奥村 雅之  …  津川 雅彦
動画を見る 映画を見る 視聴出来ない方はこちらから











[ 2010/03/19 09:03 ] スペシャル | TB(0) | CM(0)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。